ISO 14001 環境マネジメントシステム
Environmental Management System


企業等の活動による環境に及ぼす影響’環境影響)を、管理するための国際的な標準規格です。
この規格はマネジメントシステムとして「PDCAサイクル」がベースとなっています。最高経営層の期待した成果を得るために、環境マネジメントシステムのパフォーマンスを継続的に改善していくものです。

国際認定フォーラム(IAF)及び国際標準化機構(ISO)は、認定されたISO 14001認証の結果として期待される成果について、次のような声明を共同で作成しました。

これは、適合性評価全体を通して共通の焦点を推進し、これらの期待される成果を達成すること、そして、それにより、認定された認証の価値と関連を向上させることを意図しています。

以下、共同声明参照:

ISO 14001への認定された認証に対して期待される成果 (利害関係者の視点から)

「定められた認証範囲について、認証を受けた環境マネジメントシステムがある組織は、環境との相互作用を管理しており、以下の事項に対するコミットメントを実証している。」

A.  汚染の予防。
B.  適用可能な法的及びその他の要求事項を満たしていること。
C.  環境パフォーマンス全体の改善を達成するために環境マネジメントシステムを継続的に強化していること。

動向

2015年9月15日にISO 14001:2015が発行されました。移行期間は、ISO 14001:2015が発行された2015年9月15日から3年間となり、移行期限は2018年9月14日です。

ISO 9001:2015及び14001:2015への移行審査は開始しております。

移行については通常のサーベイランス(維持)審査または再認証(更新)審査に併せて、2015年版への移行を受審いただくことを推奨します。


©CERTIFICATION EUROPE (JAPAN) Ltd. All Rights Reserved.